PROFILE

サザンオールスターズ

  • 桑田佳祐
  • 関口和之
  • 松田 弘
  • 原 由子
  • 野沢秀行

1978年6月25日にシングル「勝手にシンドバッド」でデビュー。
1979年「いとしのエリー」の大ヒットをきっかけに、日本を代表するロックグループとして名実ともに評価を受ける。以降数々の記録と記憶に残る作品を世に送り続け、時代とともに新たなアプローチで常に音楽界をリードする国民的ロックバンド。2000年1月リリースの「TSUNAMI」が自己最高セールスを記録、第42回日本レコード大賞を受賞。2008年8月、史上初の日産スタジアム4DAYS“「真夏の大感謝祭」30周年記念LIVE”を成し遂げた後、無期限活動休止期間に。2013年デビュー35周年を迎え5年間の沈黙を破り、シングルリリース&野外スタジアムツアーを敢行し大復活。2015年3月には約10年ぶりとなるアルバム「葡萄」を発表し、5大ドームや22年振りとなる日本武道館での追加公演を含む全国ツアーを開催、約50万人を動員した。
そして2018年、6月25日にデビュー40周年を迎え、NHKホールで“キックオフライブ2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」”を開催。来たる8月1日には、数々の名曲と新曲3曲が収録されたプレミアムアルバム「海のOh, Yeah!!」をリリースする。さらに、2019年春、全国ドーム・アリーナツアーを行うことが決定している。

桑田佳祐

生年月日
1956.2.26

血液型
A

出身地
神奈川県茅ケ崎市

担当楽器
Vocal&Guitars

2017年、4月からNHK連続テレビ小説『ひよっこ』の主題歌「若い広場」を担当し、大きな話題を呼ぶ。8月にリリースしたソロとして約6年半ぶりとなるオリジナルアルバム「がらくた」が大ヒット。そのアルバムを引っ提げ、10月からは全国アリーナ&5ドームを巡る“桑田佳祐 LIVE TOUR 2017 「がらくた」”がスタート!95年にスタートしたTOKYO FM系全国ネットでオンエア中のレギュラーラジオ番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」(毎週土曜日23:00~23:55)は、23年目に突入。

関口和之

生年月日
1955.12.21

血液型
O

出身地
新潟県

担当楽器
Bass&Vocal

2012年10月24日に、4年半振りとなるオリジナルアルバム「UKULELE CARAVAN」をリリース。今年も「ウクレレピクニック・イン・ハワイ」を主宰し自らも出演。また、レギュラーラジオ番組「NO-FO-FON TIME」がInter FM(毎週日曜20:00-21:00)でオンエア中。

松田 弘

生年月日
1956.4.4

血液型
O

出身地
宮崎県

担当楽器
Drums&Vocal

毎年恒例のBEATCLUB NIGHTが大好評。
プライベートオフィス「BEAT CLUB」のHP
http://www.beatclub.co.jp/

原 由子

生年月日
1956.12.11

血液型
B

愛称
ハラボー

出身地
神奈川県横浜市

担当楽器
Keyboards&Vocal

2013年5月21日に、朝日新聞(隔週金曜日夕刊)で4年間連載していたコラム「あじわい夕日新聞」をまとめた単行本『あじわい夕日新聞 ~夢をアリガトウ~』を発売。

野沢秀行

生年月日
1954.10.19

血液型
A

愛称
毛ガニ、ケガちゃん

出身地
東京都

担当楽器
Percussion

2016年12月7日、初の著書となる『毛ガニの腰伝説 ~腰痛に負けない体を無理せずつくる!!~』を発売。

KUWATA BAND

1986年結成。「いつかデタラメのロックをやってみたかった」という桑田佳祐の想いから始まった。平均年齢32歳のこのバンドにはそれぞれが"思いっきりロックをやることへの飢え"を抱えていたメンバーが集まった。1年間という期限付きの活動だったが、2月にバンドを結成、以来スタジオにこもりきって音作りに熱中。その間シングル4枚を発表し次々とヒット・チャートに送り込んだ。7/14にはアルバム「NIPPON NO ROCK BAND」リリース、その後コンサートツアーを開始。10月までに50本も行った。ためにためたパワーを爆発させたステージはすさまじくエネルギッシュだった(このライブは2枚組CD「ROCK CONCERT」でリリース)。チケットは発売と同時に完売。涙を呑んだファンのために'87年1/8から全国アンコールツアーも行われた。「最高のライブを記録したい」との思いから東宝スタジオに客を動員して収録したライブビデオ「ONE DAY」がリリースされている。

  • 桑田佳祐
    Vocal
  • 河内淳一
    Guitar,Vocal
  • 松田弘
    Drums,Vocal
  • 今野多久郎
    Percussion,Vocal
  • 小島良喜
    Keyboard,Vocal
  • 琢磨仁
    Bass,Vocal

SUPER CHIMPANZEE

桑田佳祐と小林武史を核として、メンバーは活動内容に応じて集められた音楽集団。サザンと同時進行でゲリラ的かつ局地的に発生し、サザン本体の活動にも新たな刺激を与える“ビタミン剤・ニュードラッグ”でもあった。 主な活動内容:●'91年3月:「Acoustic Revolution」と称したアコースティックライブを新宿日清パワーステーションで行う。桑田佳祐の青春時代を彩った'60~70年代の洋楽の名曲を26曲ピックアップし演奏したオールカバーの貴重なライブ。(この時集められたメンバーが後に“ スーパーチンパンジー”と呼ばれるようになる)このライブの模様はビデオ&LD化され、現在DVDでも発売中。●'91年7月:北京へ渡り、万里の長城や天安門、ライブハウス(?)で日中友好音楽使節団として演奏。ロックを通じて国境や言葉を越えたコミュニケーションが成立、熱い想いを胸に抱く。●'91年9月26日:北京でも歌った「クリといつまでも」を1stシングルとして発表。●'91年11月21日:「クリといつまでも」にカラオケはないのか、との問合せが相次ぎ、サザン関連としては初の試みとして「クリといつまでものカラオケつき」をリリース。

  • 桑田佳祐
    Vocal
  • 小林武史
    keyboards
  • 小倉博和
    Guitar,Backing Vocals
  • 佐橋佳幸
    Guitar
  • 角谷仁宣
    Computer Operation,Backing Vocals

嘉門雄三&VICTOR WHEELS

1981年3月21,22日、渋谷eggmanにてゲリラライブを行う。さらに12月11,12日、「嘉門雄三&VICTOR WHEELS」と名乗り同所で2度目のライブ敢行。洋楽のカバーを演奏した。この時の模様を「嘉門雄三&VICTOR WHEELS」というライブアルバムで'82年3月21日にリリース。このアルバムはLP盤とカセットテープでしか発売されておらず幻のアルバムとなっている。桑田佳祐の異名“嘉門雄三”は、後に嘉門達夫へ姓を譲ったと言われる。

  • 嘉門雄三(桑田佳祐)
    Vocal
  • 斉藤 誠
    Guitar
  • 関口和之
    Bass
  • 国本佳宏
    Keyboard
  • 今野多久郎
    Percussion
  • 宮田茂男
    Drums

夷撫悶汰(いヴもんた)

1996年12月1・2・3日、Act Against AIDSのイベントで桑田佳祐が'40~60年代のスタンダード・ジャズの名曲を演奏したライブを行った。その時の名が夷撫悶汰。ミュージカル的な演出を交えて構成したこのライブは大きな反響と高い評価を受け、‘97年3月5日にビデオでリリース(DVDも発売中)。

JAPANESE ELECTRIC
FOUNDATION

通称「JEF(ジェフ)」。野沢秀行を中心に結成された。60~70年代のポップス&ロックへの敬愛を込めて作られたアルバム「Japanese Electric Foundation」は東芝EMIより1986年3月20日にリリースされている。

  • 野沢秀行
    Percussion
  • 六川正彦
    Guitar
  • 桜井鉄太郎
    Vocal,Keyboards,Guitar