ACTIVITIES

2000

1

1.1
サザンの公式WEBにて2000年問題勃発?!記念すべき2000年お正月限定企画として新 曲『TSUNAMI』の試聴を実施。
1.26
シングル「TSUNAMI」リリース。商品入荷日の25日にすでに限定版の12cmパッケージが店頭から消え、発売日には既に売切れという前代未聞の現象が起こった。また、この曲は、前年12月からTBS系「ウンナンのホントのトコロ!」内‘未来日記III’のコーナーで流れ、1月の‘未来日記IV’でも引き続きオンエアされた。
1.29~31、2.3~5
桑田佳祐が単身で全国5か所を回るファンクラブのイベント「伊豆だらけのローラ」を行う。1.29の初場所は札幌。ZEPP札幌にてFM NORTHWAVEの番組に生中継で出演後、同会場でイベントを実施、久しぶりのファンとの身近なコミュニケーションで大いに盛り上がった。
1.30は仙台駅ビル・エスパルにてDATE-FMの公開録音を実施、新千歳から仙台に向かう飛行機の突然の欠航により予定より2時間半も遅れるというハプニングの中、徹夜組を含む約1,000人のファンに暖かく迎えられ急遽生ギターで「いとしのエリー」を歌う場面も。
1.31、ファンクラブイベントをビーブベースメントシアターで行う。
2.3、ZIP-FMの公開生番組に出演後、ダイヤモンドホールでファンクラブイベントを行う。
2.4、大阪心斎橋BIG STEPにてFM802の公開生番組に出演、公開会場の発表が当日の昼だったにもかかわらず夕方には1,000人を超えるファンが集まり大盛況。その後神戸チキンジョージにてファンクラブイベントを行う。
2.5、福岡キャナルシティーでFM福岡の公開生番組に出演。ここでも1,000人以上のファンが集まりパニックに。その後ドラムロゴスにてファンクラブイベントを行う。

2

2.6
この日付けのオリコンチャートで、「TSUNAMI」が初登場1位、サザンとしては自己 最高の初動得点(654,210点)をマークした。
2.26
ファン熱望のライブビデオ「サザンオールスターズ・シークレットライブ '99 SAS 事件簿 in 歌舞伎町」リリース(5万本限定)。このライブは、1999年9月26・27日に新宿リキッドルームで敢行され、1999年春に行われた4大ドームを含む全国ツアーと相対し、あえて原点に振り戻ってメンバー6人だけで行われた。デビュー当時以来のライブハウスでのライブは、急遽ファンクラブの会員限定で告知され、抽選で2日間で2,000人しか見れなかったため、ファンの間でも‘伝説のライブ’といわれていた。
ビデオの最後には、この公式WEBで公開していた「歌舞伎町ストーリー」(フィクション)の結末が入っていたり、パッケージのシールの下に秘蔵?の写真が隠されてあったり、タイシタマークが一部‘開運タイシタマーク’のものがあったりと遊び心満載のビデオ。

4

 
茅ヶ崎市長より茅ヶ崎市でのコンサート開催の申し入れが正式に行われた。 経緯は、遡ること一昨年末、横浜アリーナ年越しライブで「来年の夏、茅ヶ崎で、海で、コンサートをやるのが夢です」と桑田が発言をしたことにより、茅ヶ崎市民のグループが“茅ヶ崎にサザンを呼ぼう!市民の声 実行委員会”を結成し、茅ヶ崎でのコンサートを実現するために、有志70人がJR茅ヶ崎駅前など市内数ヶ所で署名運動を始めたのが発端。2月末から署名運動を始めて集まった約5万人(茅ヶ崎市の人口約20万人)の署名簿と、コンサート開催の要望書を、3月9日に添田高明茅ケ崎市長に提出し、市長側は「桑田さんは茅ヶ崎の名前を全国に知らしめた、市の最大の功労者の一人。コンサートが実現したら、みんな喜んでくれるでしょう。」と答え、コンサート会場の確保や、周辺の交通整理などで協力を惜しまない考えを示したことによる。
申し入れが行われたこの日は、茅ヶ崎市長、茅ヶ崎商工会議所会頭、湘南祭実行委員会実行委員長らが所属事務所のアミューズを訪れた。正式な申し入れを受けた事務所は、「茅ヶ崎でのコンサートは長年の夢でもあったし、協力しあって良いかたちでコンサートを実現させましょう!」と快諾。そしてついに、茅ヶ崎で夢のサザンオールスターズ野外コンサートが決定した。

6

6.25
デビュー20周年を迎える山下久美子さんの記念アルバム「THE HEARTS」(東芝EMI)に桑田佳祐が「バスルームから愛を込めて」でバックグランドボーカルとして参加。

7

7.19
シングル「HOTEL PACIFIC」リリース。茅ヶ崎ライブを見据えてリリースされたこの曲は、WOWOWのサマーキャンペーンCMにも使用され、桑田佳祐本人も出演。小川ローザに扮して「オー、モーレツ!」とスカートを翻すCMにお茶の間は話題騒然。

8

8.19,20
「サザンオールスターズ 茅ヶ崎ライブ」茅ヶ崎公園野球場にて開催。
18日のゲネプロも一部ファンクラブに公開。このライブは、メンバーにとってもファンにとっても特別なものであり、またライブを行うには条件的に難しいこの会場でのライブを実現するにあたって茅ヶ崎市民の協力なしではあり得なかったことを考慮し異例の茅ヶ崎市民優先販売を実施。主催の湘南祭夏イベント実行委員会を中心に地元のバックアップを受けたスペシャルなライブとなった。当日は、会場外にチケットを持たないファンが音だけでも聴こうと大勢集まり、20日は地元主催で海岸に大型スクリーンが設置されそこでもさながらライブ会場のような盛り上がりとなったり、ボランティアによる交通整理やゴミ拾い運動なども行われ、この二日間はある種社会現象として記事や番組で取り上げられる結果となった。
また、20日のライブの模様は、WOWOWにて完全生中継され、DTIでインターネット中継も行われた。
8.26
関口和之がウクレレイベント「ウクレレ・ピクニック・イン逗子マリーナ」を逗子マリーナガーデンプールにて開催。ウクレレ・ミュージシャンが集まり朝から夕方まで心地よいウクレレの音色を楽しむ人でのほほんと盛り上がった。

10

10.6
桑田佳祐がTVのレギュラー番組をスタート。フジテレビ系全国ネット「桑田佳祐の音楽寅さん~MUSIC TIGER~」(毎週金曜日23:30~23:50)新しいタイプの音楽バラエティ番組。第一回目の放送では渋谷駅ハチ公前でのゲリラライブ敢行。出演は桑田佳祐、ユースケ・サンタマリア。

11

11.1
シングル「この青い空、みどり~BLUE IN GREEN~」リリース。この曲は10/10スタートの関西テレビ・フジテレビ系ドラマ「神様のいたずら」主題歌としてオンエア。また「桑田佳祐の音楽寅さん」のエンディングテーマとしてもオンエア。カップリングには原由子作曲&ボーカル、関口和之作詞の「チャイナタウンとビーフン娘」、茅ヶ崎ライブの音源より「心を込めて花束を」(茅ヶ崎ライブVersion)を収録。
11.22
企画アルバム「バラッド3~the album of LOVE~」(2枚組・28曲収録)リリース。このアルバムは、 第15回日本ゴールドディスク大賞“ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー”を受賞。また関口和之の3枚目のソロとして、ウクレレアルバムとしては第2弾のミニアルバム「口笛とウクレレ」(関口和之 featuring 竹中直人)リリース。関口は全国5ヶ所キャンペーンを行う。
11.30,12.1,2
8年目を迎えたAct Against AIDSの活動は例年通りパシフィコ横浜にてAAA'00 「桑田佳祐が選ぶ20世紀ベストソング」と題して行う。途中原由子も1曲参加。(この模様はNHK-BS2とNHK総合放送にて後日オンエアされる)

12

12.27,28,30,31
年越しライブ「ゴン太君のつどい」が横浜アリーナで行われる。31日の世紀をまたぐ記念すべきこのライブのカウントダウンの模様は、WOWOWにて完全生中継され、TBSでも一部中継が行われた。
12.31
「TSUNAMI」が、第42回日本レコード大賞受賞。急遽、ライブリハーサルの途中に横浜アリーナからTBSのスタジオへメンバーが駆けつけた。