SONG DATA

雨上がりにもう一度キスをして


サザンオールスターズ

作詞:桑田佳祐/作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ & 斎藤 誠/管編曲:山本拓夫

5:11

guest musicians

斎藤 誠(Electric & Acoustic Guitars)/三沢またろう(Percussion) /山本拓夫(Tenor Sax)/西村浩二 & 荒木敏男(Trumpet)/清岡太郎(Trombone) /角谷仁宣(Computer Programming)

燃える夏の太陽が眩し過ぎたせいかしら
胸を焦がす恋なんて今じゃお伽噺か冗談ね

惚れた腫れたの仲よりもずっと孤独なほうが好き
もう惨めな恋なんてドラマだけの "お涙頂戴" ね

夏昼下がりのモーテルで陽に灼けた身体を愛し合い
茅ヶ崎あたりのローカルは今も口説き文句はこう言うの

「雨上がりにもう一度キスをして」
寄り添うような二人のシルエット
悲しい事も今じゃ素敵な想い出になったけど

「あの虹の彼方へと連れてって」
永遠(とわ)に見果てぬ青い空へ
本当に何も怖くなかったあの頃は風まかせ

青い鳥が逃げたのも運命(さだめ)と他人(ひと)は言うけれど
いつの世にも神様が決めた粋な未来が待っている

出逢ったばかりのアイドルは忘られぬあの日も海にいた
ため息まじりにライバルも熱い砂を枕にこう言うの

「夢の中へもう一度逢いにきて」
そして感じて風はVelvet
サヨナラしてもあなた一人の幸せ祈っていた

「仲直りに笑顔で抱き寄せて」
でも二度と逢えるはずもない
過去へと続く扉を叩き降りしきる涙雨

「雨上がりにもう一度キスをして」
寄り添うような二人のシルエット
行き交う他人のよく似た仕草面影に苛(さいな)まれ

「時間(とき)よ情熱の灯は消さないで」
青春は二度と帰らない
振り向かないで涙をふいて明日へと翔び立とう
あの頃は風まかせ明日へと翔び立とう

収録作品